IgE抗体が原因?食物アレルギーについて知ろう!

特定の食べ物に含まれるアレルゲンを摂取することで、体の免疫機能が過剰反応することで引き起こされるのが食物アレルギーです。
口からの摂取はもちろん、吸入や皮膚への接触など発症した場合でも食物アレルギーに分類されます。
特に口からの摂取では、腸で吸収されたアレルゲンは血液によって全身に運ばれるため、様々な部位で症状が現れるという特徴があります。
食物アレルギーが引き起こされる主な原因は、IgE抗体(免疫グロブリンE)というタンパク質です。
IgE抗体は、アレルゲンが体内に摂取されたときに、体がそれを排除しようとした結果作られるもので、皮膚や粘膜にあるマスト細胞という脂肪細胞に付着した状態で待機しています。
アレルゲンが体内に入り、IgE抗体に触れることでマスト細胞が活性化されて放出されるのが、ヒスタミンやロイコトリエンといった化学物質です。
これらの化学物質が、皮膚のかゆみや炎症といったアレルギー症状を引き起こす原因になります。

食物アレルギーは、発症しやすい年齢や症状、原因によってタイプ別に分類可能です。
新生児・乳児消化管アレルギーは、乳幼児が主に粉ミルクに含まれる牛乳のタンパク質が原因で発症するタイプで、嘔吐や下痢などの消化器症状が現れます。
多くの場合、2歳ごろまでには完治するという特徴があります。
食物アレルギーの関与する乳児アトピー性皮膚炎は、鶏卵や牛乳、小麦などが原因として発症するタイプで、乳児期では最も多い食物アレルギーです。
生後3カ月頃までに顔からはじまるアトピー性皮膚炎の症状が、治療によってもなかなか改善しない場合はこのタイプである可能性があります。
治療によって湿疹が改善しないと感じた場合は、アレルギー専門の小児科医に診てもらうと良いでしょう。
即時型は、原因となる食べ物を摂取してから2時間以内に症状が現れるタイプで、新生児から大人まで年齢に関係なく発症するのが特徴です。
症状は皮膚に現れることが多いですが、場合よっては呼吸器や消化器などに様々な症状が現れます。
非常に稀ですが、生命を脅かすようなアナフィラキシーという重篤なショック症状が現れることもあるため注意が必要です。
原因となる食物は、乳児では鶏卵・牛乳・小麦などが多く、年齢が高くなるにつれて甲殻類・果物類・小麦などが多くなります。
その他にも特殊型と呼ばれる、食物依存性運動誘発アナフィラキシーや口腔アレルギー症候群というタイプも存在します。

もし、特定の食べ物を摂取したときに、皮膚のかゆみなどの症状が出た場合は、医師に相談して原因となるアレルゲンの特定をすることが重要です。
検査では、血液検査や皮膚テスト、食物経口負荷試験などによりアレルゲンを特定します。

サイト内検索
最近の投稿
No image

IgE抗体が原因?食物アレルギーについて知ろう!

2019年09月15日