赤ちゃんや子供のアレルギー症状とは?

近年、居住環境や食べ物の変化により、アレルギー疾患を持つ赤ちゃんや子供が増加傾向にあります。これらの疾患は、遺伝や生活環境、年齢などの要素が複雑に組み合わさることで発症しますが、赤ちゃんや子供が特にかかりやすいと言われているのが、アトピー性皮膚炎・食物アレルギー・気管支喘息の3種類のアレルギー疾患です。
気管支喘息は、気道に慢性的な炎症が発生して気道が狭くなることで、痰などの分泌物が大量に溜まりやすくなるという疾患です。そのため、呼吸のたびにゼイゼイ、ヒューヒューという音がしたり、激しく咳き込むといった症状が見られます。特に赤ちゃんや子供は気管支の粘膜が弱いため、アレルギー反応が起こりやすいため、気管支喘息の疑いがある場合は注意が必要です。気管支喘息は1歳くらいから発症することが多いものの、成人前には症状が現れにくくなるという特徴があります。気管支喘息の主な原因はダニやハウスダストと言われているため、これらを除去した居住環境を整えることが重要です。
アトピー性皮膚炎は、かゆみを伴う湿疹が発症する疾患で、かゆみが強くなったり弱くなったりを繰り返すことが特徴です。赤ちゃんの場合、顔から始まり、次第に胸やおなかなど全身に広がっていきます。湿疹が見られた場合、その部分を清潔に保つことが基本となりますが、改善しない場合は近隣の病院やクリニックでの診療を受けた上で、処方された薬を適切に使用することや、正しいスキンケアを学ぶことが重要です。また、食物アレルギーを併発していることも多く、食物アレルギーを改善することで、アトピー性皮膚炎の症状が緩和することもあります。
食物アレルギーは、特定の食べ物を摂取したときに発症するもので、主な原因はタンパク質と言われています。タンパク質の中でも、赤ちゃんに多く見られるのが、鶏卵・牛乳・小麦ですが、最も大きな割合を占めるのが鶏卵です。また、幼児期になるとそば・ピーナッツ・魚類・果物などが加わり、それ以降は鶏卵や牛乳が減少して甲殻類が増加するという傾向があります。症状の多くは、食後2時間以内に現れますが、それ以上かかる場合や運動によっても発症するケースもあるため注意が必要です。食後にじんましんなどの皮膚症状が出ても、様子を見ることで治まることもありますが、場合によってはアナフィラキシーショックという重篤な状態に陥る可能性もあるため、その場合は直ちに医療機関での診療が必要です。
また、生後2ヶ月を過ぎると予防接種が必要となりますが、アレルギー疾患がある場合でも基本的に予防接種は可能です。しかし、ワクチン成分によりアナフィラキシーを起こした経験がある場合は予防接種は受けられません。もし、お子さんにアレルギー疾患があり、不安に感じる場合は、病院やクリニックの専門医にアドバイスを受けてから予防接種を受けると良いでしょう。