アレルゲンが原因で起こる気管支喘息

せきをする女性

気管支喘息は、呼吸が苦しくなり、激しく咳き込んだり、呼吸をするたびにゼイゼイ、ヒューヒューという呼吸音がするなどの症状が見られる疾患です。
気管支喘息の方の気道は慢性的な炎症を起こしており、常に気道は狭い状態が続いていますが、このとき何らかの刺激物を吸い込むと、炎症が悪化して気道はさらに狭まります。
これが気管支喘息における、痰などの分泌物が気管に溜まりやすくなるメカニズムです。
また、気管支喘息の発作は日中は比較的落ち着いていますが、夜間から早朝にかけて起こりやすいという特徴があります。

気管支喘息の主な原因は、アレルギー型と非アレルギー型の2種類に分類されます。
アレルギー型の場合は、ほこり・ダニ・花粉・ペットの毛などのアレルゲンが体内に侵入することで、免疫機能が過剰に反応することが原因です。
一方、非アレルギー型の場合は、タバコの煙・排気ガス・運動・ストレス・気候の変動などの様々な刺激が発作を引き起こす要因となります。

気管支喘息が疑われる症状が現れた場合は、血液検査などでアレルギー型か非アレルギー型のどちらなのかを判定した上で、アレルギー型であった場合はアレルゲンの特定が行われます。
気管支喘息では主に薬物療法によって治療が行われますが、使用されるのは起こった発作を鎮める発作治療薬と、発作を予防するために毎日服用する長期管理薬の2つの薬です。
療薬には、吸入薬や飲み薬、貼り薬などがあり、年齢や好みに応じて使い分けることが可能ですが、その中でも、気道に直接届くため少量の使用で高い効果が期待できる注入薬が現在の主流となっています。
このような治療薬によって症状を緩和させていきますが、現在は気管支喘息を完治させて、二度と発作が起こらないようにするような治療法はありません。
しかし、継続的に治療を続けていくことで、発作が起こらない期間を長くすることは可能です。
仮に治療薬によって炎症が治ったとしても、自己判断で薬の使用を止めてしまうと、再び発作が起こる可能性があります。
したがって、必ず主治医の指示に従って治療を続けていくことが重要です。

気管支喘息は、毎日付き合っていかなければいけない疾患であるため、症状を緩和させるには生活習慣を整えることが非常に重要です。
特に、風邪などの体調不良は発作の引き金になる可能性が高いため、気候変動の激しい時期は、通常時よりも体調管理を万全にすることが求められます。
また、ほこりやダニ、花粉除去のための掃除や空気清浄機の使用、過労やストレス軽減のための十分な休息、喫煙場所に近づかないといったことも有効です。