アレルギー症状が出たらどうする?治療薬はあるの?

鼻をかんでいる女性

アレルギーが疑われる症状が現れた場合は、病院での検査によって原因となるアレルゲンの特定をする必要があります。
現在アレルギー検査の中で最も一般的なものが、血液中のIgE抗体を調べる血液検査です。
血液検査では主に総IgE値と特異的IgE値の2つの項目を調べます。
総IgE値はすべてのアレルゲンに対するIgE抗体を調べる方法で、値が高くなるほどⅠ型のアレルギー疾患である可能性が高くなります。
一方、特異的IgE値は、各アレルゲンごとのIgE抗体を調べる方法です。
どのアレルゲンに反応するIgE抗体を持っているのかを調べることができる方法で、数値の高い項目があると、そのアレルゲンに対してアレルギーを持っている可能性が高まります。
しかし、検査数値が高くても症状が出ない場合や、逆に数値が低くてもアレルギーが発症することもあるため注意が必要です。
また、血液検査以外にも、パッチテスト・スクラッチテスト・吸入試験・負荷試験といった検査もあり、それぞれ目的が異なるため、どの検査を受けるべきなのかは医師に相談して決める必要があります。

これらの検査の結果、アレルギーであると診断された場合の基本的な対処法としては、原因となるアレルゲンを避けながら生活することです。
しかし、花粉など避けることが難しいものに対しては、免疫療法や薬物療法といった治療が行われます。
免疫療法は、アレルギーの原因となるアレルゲンを体内に少量ずつ投与することで、体をアレルゲンに慣らしながら症状を緩和していく治療法です。
しかし、本来アレルギー反応を起こす物質を体内に取り込むことになるため、場合よってはアナフィラキシーという重篤な副作用が現れる可能性があります。
そのため、免疫療法はアナフィラキシーに対して適切な処置が可能な医師のもとで行われるのが基本です。
薬物療法では、発症した症状を薬を服用することで緩和する方法で、主な治療薬には抗ヒスタミン薬やステロイド薬などが挙げられます。
抗ヒスタミン薬は即効性があるため、すでに症状が現れている場合に使用されることが多い治療薬です。
しかし、眠気やけんたい感などの副作用があるため、車の運転など危険を伴う作業をする場合には服用しにくいというデメリットも存在します。
一方ステロイド薬は、非常に効果が強いことが特徴で、アレルギー疾患だけでなく多くの病気に対する治療薬としても使われますが、副作用も強いため指定された用法用量を正確に守ることが必要です。

サイト内検索
最近の投稿
鼻をかんでいる女性

アレルギー症状が出たらどうする?治療薬はあるの?

2019年06月15日