アレルギー性鼻炎と花粉症の違いとは?

アレルギー性鼻炎とは、くしゃみや鼻水、鼻づまりなどの症状を引き起こす疾患で、気管支喘息やアトピー性皮膚炎などのアレルギー体質の方に起こりやすいと言われています。
アレルギー性鼻炎は大きく、一年中症状が現れる通年性アレルギーと、特定の時期のみ症状が現れる季節性アレルギーに分けられます。
季節性アレルギーの代表例が、現在日本人の多くが悩まされているスギ花粉症です。
つまり、花粉症とアレルギー性鼻炎に違いがあるというわけではなく、アレルギー性鼻炎の一種が花粉症ということです。

花粉症は、春に飛散するスギ花粉が有名ですが、それ以外にもスギ花粉と同時期に飛散するハンノキやヒノキ、夏から秋にかけて飛散するブタクサやヨモギ、カナムグラといった植物も花粉症を引き起こします。
また、通年性アレルギー性鼻炎の主な原因はハウスダストで、中でも多くの割合を占めるのがダニやペットの毛です。

アレルギー性鼻炎の検査において初めに行われるのが、症状の原因がアレルギーによるものなのか確認するための問診です。
症状が現れた時期や重症度を確認した上で、鼻の粘膜を調べるための鼻鏡検査、血液・鼻汁好酸球検査などが行われます。
アレルギー性鼻炎と診断された場合は、原因となるアレルゲンの特定のために、皮膚テストや血清特異的IgE検査、誘発テストといった検査が実施されます。
アレルゲンの特定後、薬物療法などの本格的な治療が開始されますが、人によって症状や重症度に違いがあるため、どの治療薬を使用するのかを判断するには症状を2つのタイプに分類した上で、それぞれの重症度の判定が必要です。
症状のタイプは、くしゃみ・鼻水タイプと鼻づまりタイプに分類され、それぞれ無症状から最重症の5段階で重症度が判定されます。
薬物療法では抗ヒスタミン薬が頻繁に使用されますが、場合によってはロイコトリエン受容体拮抗薬やステロイド点鼻薬なども使用されており、重症度に応じて組み合わせて処方されることもあります。

アレルギー性鼻炎の症状を緩和するためには、薬物療法だけでなく体内に取り込むアレルゲンの量を減らすことが重要です。
スギ花粉が原因であれば、花粉情報を常に確認して、飛散量が多い時間帯は外出を控える、花粉が付着しやすい衣類を避ける、帰宅時は髪や衣類に付着した花粉を払い落としてから家に入るといったことが有効でしょう。
また、ハウスダストが原因の場合は、ダニの繁殖を防ぐために清潔な環境構築を心がけることが、アレルゲンの除去につながります。