アレルギー対策としてザイザルを購入しよう!

花粉

アレルギーの症状を緩和する医薬品として、頻繁に使用されるものに抗ヒスタミン薬がありますが、ザイザルも抗ヒスタミン薬の一種です。
ザイザルは、従来の抗ヒスタミン薬の副作用である眠気やけんたい感といった症状を改善したもので、主に花粉症対策として服用されています。

抗ヒスタミン薬の効能を理解するには、アレルギー反応のメカニズムを知ることが必要です。
アレルギーの原因物質であるアレルゲンが初めて私たちの体内に侵入すると、体内ではIgE抗体という物質が作られ、皮膚や粘膜にあるマスト細胞という脂肪細胞に付着します。
その後、再びアレルゲンが侵入してIgE抗体に触れると、マスト細胞が活性化されてヒスタミンなどの化学物質が放出され、ヒスタミンを受け取る働きをするヒスタミン受容体と結合します。
この、ヒスタミンが受容体と結合するときに体に現れるのが、皮膚のかゆみやくしゃみなどのアレルギーの症状です。
抗ヒスタミン薬は、ヒスタミン受容体をあらかじめ塞いでおくことで、ヒスタミンとの結合を防ぐことでアレルギーの症状を抑制するという医薬品になります。

また、抗ヒスタミン薬にも様々な種類が存在しており、大きく第一世代と第二世代に分類可能です。
どちらも、アレルギーの症状を緩和するという効能は同じですが、20世紀中頃に開発された第一世代では眠気や口の渇きといった副作用が現れやすい特徴がありました。
この副作用を改善したものが、1983年以降に開発された第二世代と呼ばれる抗ヒスタミン薬で、ザイザルも第二世代に分類されます。
また、第二世代の抗ヒスタミン薬にはセチリジン塩酸塩という医薬品もありますが、ザイザルはセチリジン塩酸塩よりも効能が持続する、眠気の作用が出にくいといった特徴があります。

ザイザルは医療用医薬品として2010年に認可された新しい薬なので、ジェネリック医薬品や市販薬は存在しません。
したがって、アレルギー対策としてザイザルを入手するためには、医療機関で処方してもらうのが基本となります。
国内で医療機関の処方箋なしでザイザルを入手する方法はありませんが、海外から個人輸入であれば処方箋なしで購入することも可能です。
しかし、海外からの医薬品の輸入は非常に手間がかかるため、通販の個人輸入代行サイトを利用するという方法もあります。
通販を利用することで、医療機関で処方してもらうよりもリーズナブルな価格で購入可能というメリットも生まれます。
しかし、ザイザルを服用したことがない方がいきなり通販で購入するのは、副作用などのリスクが高いです。
ザイザルを通販で購入する前に、一度は必ず医療機関を受診して処方してもらうと良いでしょう。

サイト内検索
最近の投稿