アレルギーの中でも恐ろしいアナフィラキシー

アレルギー症状の中でも、緊急性があり生命に危険を及ぼす可能性のある重篤なものがアナフィラキシーです。アレルゲンが体内に侵入してから、短時間のうちに複数の部位や全身に症状が現れるのが特徴で、場合によってはアナフィラキシーショックと呼ばれる血圧低下や意識障害などを引き起こすこともあります。アナフィラキシーの症状は、皮膚・呼吸器・消化器・心血管系・中枢神経系といった様々な部位に現れるのが特徴です。その中でも、最も症状が出やすいのが皮膚で、じんましんやかゆみなどが発症します。また、呼吸器では咳や息苦しさ、粘膜ではむくみや唇の腫れ、消化器では腹痛や嘔吐といった症状が見られることがあります。さらに、不整脈や血圧低下などの心血管系症状や、意識障害などの中枢神経系症状が起きた場合は非常に危険です。アナフィラキシーの原因で最も多いとされているのが、鶏卵・小麦・そば・ピーナッツ・甲殻類などの食物アレルギーと言われています。その他にも、蜂毒や抗生物質などの薬物、ラテックス(天然ゴム)などによっても引き起こされます。食事後や薬の服用後、蜂に刺された後にじんましんや息苦しさなどの症状が現れた場合は、まずアナフィラキシーを疑い、早期での医療機関への受診が必要です。アナフィラキシーの治療は一刻を争うため、医療機関でも血液検査などの時間がかかるものは行わず、アレルゲンへの接触の確認や所見のみで診断をしています。つまり、アナフィラキシーは医療機関においても、早期に対処しなければ生命の危険があると認識しているということです。また、発症するまでの時間はアレルゲンによって異なりますが、直接体内に入る蜂毒や薬物は短時間で発症する傾向があります。一方、食べ物が原因の場合は消化吸収に時間がかかるため、蜂毒や薬物に比べて症状が現れるまでに時間がかかります。注意すべきなのは、アナフィラキシーは治療などによって状態が安定したとしても、再び重篤な状態に陥る恐れがあることです。そのため、一度症状が治まったとしても安心できないという認識を持つことが求められます。アナフィラキシーは再発予防が必須と言えますが、まずは原因となるアレルゲンの特定をする必要があります。医療機関では、血液検査や皮膚テストなどによってアレルゲンの特定をすることが可能です。その上で、原因となるアレルゲンを回避しながら生活していくのが基本的な再発予防策となります。

サイト内検索
最近の投稿